おすすめ記事

イミダペプチドの副作用や安全性は大丈夫?成分を徹底検証

更新日:

イミダペプチドの副作用

抗疲労効果のあるイミダペプチド。

でも、そもそもイミダペプチド自体に副作用の心配はないのでしょうか?

そもそもイミダペプチドとは?

イミダペプチド(イミダゾールジペプチド)は、動物が元々体内にもっている成分です。
鳥の羽の付け根など、動物の体内の最も酷使する部分に豊富に存在し、ヘトヘトにならないよう助ける働きをもっています。
もちろん私たち人間の体内にも存在し、骨格筋や脳の部分に豊富に含まれていて、体内で再生産されています。

圧倒的な抗酸化作用で、疲れた部分にピンポイントで長時間作用し、身体・精神的な疲労に対して効果を発揮します。

イミダペプチドに副作用はない

このように、イミダペプチドは、もともと人間の体内にもあり、体内で再生産されている成分です。
よって、結論から言うと副作用や安全性の心配はいりません

イミダペプチドの過剰摂取・長期摂取でも大丈夫?

では、イミダペプチドを過剰摂取したり、長期間飲み続けた場合でも、何か体に問題は起きないのでしょうか?

疲労対策にちょうど良いイミダペプチド成分摂取量は1日200~400mgということが研究の結果分かっています。

そこで、日本予防医薬のイミダペプチドドリンクで安全性試験を行ったところ、安全性が高いことが確認されています。

通常目安量(400mg/日)を12週間長期摂取する試験


長期摂取試験

通常目安量の3倍(1,200mg/日)を4週間、過剰摂取する試験


過剰摂取試験

試験の結果・・・

  • 長期間摂取(規定量を12週間)しても、過剰摂取(通常の3倍)を4週間続けても、被験者の理学的検査、血液検査、尿検査、問診すべて問題なかった。
  • 毒性試験を行って、毒性が認められなかった。発ガンリスクも認められなかった。
  • 他の医薬品との飲み合わせリスクは考えにくい成分である。

参考:機能性表示食品の届出時の安全性の評価

製品はアレルギーに注意

イミダペプチドそのものにアレルギーの心配はありませんが、サプリメントやドリンクで摂取する場合は、添加物によるアレルギーに注意が必要です。
原材料をよく確認してから摂取するようにしましょう。

日本予防医薬の製品については

サプリメント
原材料名 鶏肉抽出物、食用油脂、ゼラチン、グリセリン、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、 植物レシチン(大豆由来)
アレルギー可能性の
あるもの
鶏肉抽出物、大豆、ゼラチン
ドリンク
原材料名 鶏胸肉抽出物、はちみつ、濃縮リンゴ果汁、酸味料、香料、増粘安定剤(ジェラン)
アレルギー可能性の
あるもの
鶏胸肉抽出物、はちみつ、りんご

イミダペプチドの副作用・安全性 まとめ

イミダペプチドには副作用はありませんし、日本予防医薬の製品なら過剰摂取、長期摂取の問題もないことが確認されています。

そうはいっても、なにごとも過剰摂取はよくないので、1日200mg~400mgの目安摂取量を守るようにしましょう。

また、製品にはアレルゲンが含まれていることがありますので、アレルギーをお持ちの方は注意が必要です。

イミダペプチドは食品から大量に摂るのが難しいので、サプリメントが各社から発売されています。

日本予防医薬の製品は試験によって、安全性や効果が確認されていますので、安心して飲むことができますね。

-おすすめ記事
-, , ,

Copyright© イミダペプチドLABO. , 2018 All Rights Reserved.