おすすめ記事

イミダペプチドのパワーを活かす効果的な飲み方・飲むタイミングとは?

更新日:

イミダペプチドの飲み方

イミダペプチドの実力をより実感したいなら、飲み方を工夫しましょう。
おすすめの飲み方をご紹介します。

朝と夜に分けて飲むといい

日本予防医薬のイミダペプチドソフトカプセルの場合、1日の摂取目安量は3粒です。

3粒でイミダペプチドが200mg摂れるのですが、本当に疲れてるときとか、より実感を強めたい場合は、1日400mg(6粒)を朝晩に分けて摂取すると良いです。

また、朝は吸収の早いドリンクタイプ、夜はじっくり吸収されていくソフトカプセルタイプと使い分けて飲むのもおすすめですよ。

活動前に飲むと効果的です

例えば、朝の出勤前とか、これから家事や育児をスタートする前に飲むと、1日が元気に過ごせます。

特に、疲労が生じる作業をする前の30~60分前に摂取すると効果が高まります。

夜になって疲れたなーというときには、寝る前にもう一回飲むのも効果的。翌朝に疲れが残りにくくなります。

日本予防医薬のイミダペプチドにはカフェインやアルコールが含まれていませんので、就寝直前に飲んでもグッスリ眠れます。

スポーツをする方は、スポーツする前に飲むのもいいですよ。
骨格筋内部のイミダペプチド成分濃度が増えて、運動パフォーマンスが向上することが実証されています。

イミダペプチドの働きは筋肉や脳の機能が低下するのを防ぐものです。
筋肉を増強するわけではありませんので、スポーツ選手が気にするドーピングには当たりません。スポーツ前でも安心して摂取できます。

目に付く場所に置きましょう

毎日コツコツ飲む続けることがイミダペプチドを実感する大切なポイントです。
飲み忘れを防ぎ、継続できるようにイミダペプチドを目に付く場所に置いておくのも良いですね。

ビタミンCサプリと同時摂取でさらに実感力アップ

大阪市立大学医学部疲労医学教室での実験で、ビタミンCにはイミダゾールジペプチドの効果をより早く実感させる働きがあることが明らかとなりました。

もともとビタミンC自体にもストレス軽減や疲労回復、免疫力アップなどの効果がありますので、イミダペプチドを摂る時にはビタミンCサプリなども一緒に摂ると疲労回復度がパワーアップ!

初めての方は、まずは2週間続けること

愛用している方々へのアンケートでは、64%の方が、飲み始めて2週間以内に実感したとのこと。
すでに体内のイミダペプチドが減少している40代以降の方は、個人差はあるものの、飲み始めはやはりある程度の時間は必要のようです。
お手頃価格で始めやすいお試しセットは10日分です。
10日継続すれば、実感とまではいかなくても、「あれ?なんとなく体が軽い!」くらいの感覚が味わえるかもしれません。
>>イミダペプチド【サプリ】980円お試しセットの確認はこちら

>>イミダペプチド【ドリンク】980円お試しセットの確認はこちら

TOPページに戻る

-おすすめ記事
-, ,

Copyright© イミダペプチドLABO. , 2018 All Rights Reserved.