コンビニ

イミダペプチドはコンビニやドラッグストアで買えるのか?

ヘトヘトに効くと言われているイミダペプチドですが、もしコンビニやドラッグストアで売っていれば手軽に入手できますが、実際はどうなのでしょうか?

ReadMore

イミダペプチドの飲み方

イミダペプチドのパワーを活かす効果的な飲み方・飲むタイミングとは?

ヘトヘトに効くと言われているイミダペプチドですが、より実感するために、効果的な飲み方はあるのでしょうか?

ReadMore

イミダペプチドの副作用

イミダペプチドの副作用や安全性は大丈夫?成分を徹底検証

ヘトヘトに効くと言われているイミダペプチドですが、副作用等は心配ないのでしょうか?

ReadMore

イミダペプチドの効果

疲れた時とか、これから頑張ろうって時に、栄養ドリンク剤を飲む人も多いと思います。

確かに疲労回復成分も入っていて、なんだか元気になれるんですが、あれってカフェインの覚醒作⽤によるところも大きいんですよね。

そこで今、「イミダペプチド」という成分が注目を集めています。

イミダペプチドを摂取すると、疲労の根本原因にアプローチして、疲れにくく、疲れても回復が早いという実験結果が出ています。

でも、中には「イミダペプチドなんて疲労回復に効果なし」なんて疑っている方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、「たいしたことしてないのに疲れが抜けない私」が、実際にイミダペプチドを飲んでみて、その口コミの真偽や効果を検証してみました。

もしかしたらイミダペプチドがあなたの慢性的なだるさを解決してくれるかもしれません。
是非最後まで読んでみてくださいね。

イミダペプチドとはどんな成分・特徴?

まずは、イミダペプチドとはどんな成分なのかを説明していきましょう。

あなたは、こんなお悩みありませんか?

  • しっかり寝ても疲れが取れない。
  • 1日中だるい感じがする。
  • 家事や仕事で休まる暇がない。
  • 毎日栄養ドリンクや滋養強壮剤を飲んでいる。
  • 何をしてもすぐ疲れてしまい、集中力が続かない。
  • 普段通りの生活をしているだけなのに疲れる。

もし、上記にひとつでも当てはまるなら、イミダペプチドがきっと役に立つでしょう。

イミダペプチドは「何となく元気な気がする」とか「カフェインでカラ元気が出た」という性質のものではなく、実験で疲労回復や集中力アップ、疲労感の軽減などが確かめられた、科学的に根拠のある成分なのです。

イミダペプチドの臨床試験で驚きの結果が!

イミダペプチドとは、正式には「イミダゾールジペプチド」と言いますが、アミノ酸の結合体で、いろんな動物や人間の筋肉の中にも存在しています。

産官学が連携した「疲労定量化および抗疲労食薬開発プロジェクト」では、イミダペプチドがどれくらい疲労回復に効果があるのか?ヒトで2種類の臨床試験を行いました。

1.自転車こぎの疲労回復が早かった!

あらかじめイミダペプチド400mgを毎日4週間飲んでいる人と、何も飲んでいない人とで、エアロバイクこぎ運動を3時間半行ってもらい、4時間休息した後にエアロバイク運動を再開し、ペダルの回転数の違いを調べたのです。
その結果、イミダペプチドを摂取した人は、開始前と同じくらいの速度でこげるくらいに回復していたのです。

イミダペプチドを継続的に飲めば、回復が早いから作業効率が落ちにくいということ。

2.普段の生活で感じる疲労感が軽減!

日常生活で疲れを自覚している人を3つのグループ(イミダペプチド200mg摂取、400mg摂取、偽薬(0mg)摂取)に分けて、8週間継続摂取してもらい、疲労感の軽減に対する有効性を検討しました。
その結果、イミダペプチド200mg、400mgを摂取したグループは、摂取開始2週間ほどで日常生活における身体的な疲労感が軽減され、8週目には半分ほどにまで低下しました。

イミダペプチドを継続的に飲めば、疲労感を感じにくくなるということ。
また、1日200mg~400mg飲めば十分効果があるということも分かったね。

 

まだまだあるイミダペプチドの効果

イミダペプチドは脳の疲労回復にも効果あり

デスクワーク中心の方は、体はそれほど疲れていないのに、頭の中だけボーっとして疲れてしまうこともありますよね。

肉体的な疲労とデスクワークなどの精神的な疲労は、別々のものと思われがちですが、活性酸素が細胞を傷つけて疲労に繋がるメカニズムは、肉体的疲労でも精神的疲労でも同じなのです。

疲労の原因となる活性酸素を除去する「抗酸化作用」はビタミンCやビタミンEなどにもありますが、これらは脳の中まで入り込んで活性酸素を除去できないのです。

その点、イミダペプチドは脳の中まで到達して活性酸素を除去しますので、精神的な疲れに対してもしっかり作用します。

肉体労働の人も頭脳労働の人もOKってこと!

睡眠障害の改善にも

慢性的な疲労を感じている人の中には、疲労感と同時に睡眠障害に悩んでいる人も多いようです。
疲労の原因となる活性酸素は自律神経のバランスを乱すので、同時に睡眠障害をもたらしやすいのです。

また、過度の疲労が自律神経の働きを妨げて、不眠をもたらし、さらに疲労を促進させるといった悪循環になることもあるのです。

イミダペプチドは活性酸素を取り除くことで自律神経の働きを助けるので、睡眠障害の改善にも期待できるのです。

疲れているのに眠れないってあるよね…。超ムカついた日とか。

疲れにピンポイントで作用

どんなに有用な物質でも、経口摂取で効果が発揮できるとは限りません。
生理効果がしっかりと確認できた物質でも、ヒトが経口摂取した場合、効果を発揮しないものも多数あるのです。

その点、イミダペプチドは、消化吸収の過程で2つのアミノ酸に分解され、体内で再び合成されるという特徴があります。
しかも、ヒトでは筋肉や脳細胞など、消耗の激しい部位にイミダペプチド合成酵素がたくさんあるので、酸素消費が多く発生する場所で、ピンポイントでイミダペプチドが再合成され、効率的に効果を発揮します。

これがほかの抗酸化食品と比べてイミダペプチドの抗酸化作用が優れている理由です。

イミダペプチドはこんな人におすすめ

  • 1日中元気ハツラツで過ごしたい人
  • 体を使う仕事が、年を取ってちょっとキツくなってきた人
  • 頭は疲れているのに、夜スッと眠りにつけない人
  • 栄養ドリンク剤にはなるべく頼りたくない人
  • 以前のような集中力を取り戻したい人

イミダペプチドは、栄養ドリンクなどとは全く違うアプローチで疲れを抑えます。
もう栄養ドリンクで一時しのぎをする必要はありません。

毎日少しづつイミダペプチドを摂れば、だるい日々から解放されるのです。

 

イミダペプチドを摂るなら鶏むね肉がいちばん

イミダペプチドの含有量
イミダペプチドは体内にも存在する成分なのですが、30代頃から体内生成量がだんだんと減り続けます。
ですので、30代以降の方は、体の外からイミダペプチドを補う必要が出てきます。

先ほどの臨床試験にもあったように、イミダペプチドが疲労回復効果をしっかりと発揮するには1日200~400mgを毎日摂取するのが望ましいのです。

これだけのイミダペプチドを食品から摂る場合は含有率の高い鶏むね肉が最適です。

調理過程での損失などを考えると、鶏むね⾁100gでイミダペプチド200mg相当になります。

鶏肉毎日はきついよね

コンビニなどで並んでいる「サラダチキン」も活用すれば、手軽に美味しく鶏むね肉を食べ続けることができそうです。

イミダペプチドは安定した物質のため、加熱に強く、様々な調理法で食べることができます。
ただし、直火で長時間あぶると成分を損なったり、茹でた場合は煮汁側に成分が移るので注意が必要です。

このように鶏のむね肉は調理方法で摂取できる量に差がでやすいため、毎日しっかりとイミダペプチドを摂るなら、イミダペプチドが1日分200mg入ったサプリを併用したほうが確実です。

そもそもパサパサ食感のむね肉を毎日食べるのもキビシイ面はあります。。。

 

私が飲んでいるイミダペプチドはこれ!

イミダペプチド配合サプリの商品を調べると、成分の違いで、値段がとても安いグループと、ちょっと高いグループがあることが分かりました。


安いグループ(30日分でだいだい2,000円以下のもの)

「イミダペプチド含有チキンエキス」配合となっています。
チキンエキスには、イミダペプチドそのものは10~15%程度しか含まれていないと言われています。
すなわち、チキンエキス300mg=イミダペプチド30~45mg ということ。

イミダペプチドを1日200mg摂るなら、チキンエキス2,000mg以上摂る必要があります。
こうなると一度に10粒くらい飲む必要があり、ちょっとツライですね。

高いグループ(30日分でだいたい3,500円以上のもの)

「イミダペプチド」配合となっています。
これなら一目でイミダペプチドの配合量が分かりますし、1日あたり200mg以上摂れるように作られているものばかりですので問題ないですね。
メジャーなところでは「日本予防医薬」「DHC」「日本ハム」の商品がこちらのグループにあたります。

日本予防医薬のイミダペプチドサプリ
私が飲んで効果を実感しているのが、日本予防医薬の「イミダペプチド ソフトカプセル」です。

これならたった3粒で1日に必要なイミダペプチド200mgがしっかり摂れます。

また、過剰摂取や長期間摂取に関する安全性試験もパスしている製品なので、安心して飲み続けられますよ。

イミダペプチドの含有量がしっかり明記されているし、3粒なら楽だから、こっちのほうがいいね!

※DHCのイミダペプチドサプリも試してみましたが、実感力が今一つだったので、今は飲んでいません。
>>DHCイミダペプチドサプリ体験レポートはこちら
 

日本予防医薬【イミダペプチドサプリ】の効果を実際に飲んで検証!

私が初めてイミダペプチドサプリを試そうと思った時に、「日本予防医薬」のものが一番有名で信頼できそうだったので、まずはこれを試してみようと思い、早速購入しました。
果たして効果あるのか??レポートします!

初回限定お試しパック(通常の65%off)980円というのがあったので、それを頼みました。

980円メーカーキャンペーンサイトはこちら

注文しました!

日本予防医薬のイミダペプチドサプリ
ドリンクタイプとサプリタイプがありましたが、空きビンが邪魔になると思ったので、私はサプリタイプを注文。

夜注文したら、翌日には発送の連絡が。2日後には到着。
ネコポス(メール便)なので、ポスト投函でした。不在でも受け取れたのがよかった。

中身はこんな感じ

日本予防医薬のイミダペプチドサプリの中身

イミダペプチドサプリ30粒(10日分)のほか、飲み方ガイドもついているので、効果的な飲み方が誰でも分かるようになっています。

飲み始め1日目は・・・・

毎日飲んでいたリポD的な某栄養ドリンクは今日からやめました。その代わり、イミダペプチドを朝2粒、寝る前に1粒。

粒も大きくないし、ニオイや味もないので飲みやすいですね。
まだ初日ですので、当然何の変化も感じません。

7日目ころ・・・・

夕方になって「アレ?いつもならダルさや眠気が来るのに、なぜか来ない!」ような感覚が。初めての感覚なので、半信半疑ですけど。

カフェインやタウリンのようなカラ元気ではなく、「元気モリモリというわけじゃないけど、疲れてはいません。」みたいな感じです。ちょっと不思議。

何となく効果が実感できたのに、お試しパックなので、あと3日分しか残っていません。

ここで通常パック(30日分)を注文! →2日後に届いたのでセーフ

ビタミンCサプリが無料でついてきました。一緒に摂るとイミダペプチドの吸収が良いとのこと。早速実践!

15日目ころ・・・・

日本予防医薬のイミダペプチドサプリのサプリ粒
もうこの辺りになると、間違いなく【イミダペプチド】のおかげで体が軽いんだなというのが分かります。

朝、シャキッと目が覚めて、身体が軽い感じで1日をスタートでき、その感覚が夜まで続きます。

30日目

本当に【イミダペプチド】がすごいのか?わざと【イミダペプチド】を飲むのをやめてみました。
すると、1週間位で今までのような疲れの抜けない体に戻ってしまいました。
(ダルいのはイヤなので、イミダペプチドを再開したのは言うまでもありません・・・)

何をやってもすぐ疲れていた自分が、たった3粒飲むだけで、毎日活動的になれました。
仕事が休みの日はグッタリ休息日だったのに、体が軽くなったので、いろいろなことに時間を使えるようになりました。
サプリは少し高いのですが、時間を有効活用できることを考えれば、十分その価値はあると思いますよ。
※あくまで個人の感想です。

 

イミダペプチドサプリの世間の口コミは?

では、私以外の人は、イミダペプチドサプリを飲んでどう感じているのでしょうか?
口コミをチェックしてみましょう。

まずは悪い口コミから

私には合わない(30代前半女性)

友達がイミダペプチドを飲むと疲れにくなって良いと言うので、私も試してみることにしました。
しかし、効果は実感できませんでした。私には合わなかったみたいです。

人によって合う合わないはやっぱりあるみたい…。

期待外れ(30代前半男性)

スタミナアップのために飲んでいました。
でも、いくら飲んでも効果を感じません。
テレビなどで効果があると言っていたので期待していたのでがっかりです。

もともと元気な人だったのかもしれませんね。

 

良い口コミは

疲労回復に効く(40代前半男性)

夏バテや筋肉疲労の時に飲むようにしていますが、これを飲むと本当に身体が楽になります。
疲労回復のために、これからも続けていきたいと思います。

昼食後に飲むと午後がも頑張れる(40代後半男性)

日中ずっと体がダルい状態が慢性的に続いていました。
そのため、特にダルい日の昼食後に飲むようにすると、午後の仕事が乗り切れるので助かってます。

スタミナアップ(30代後半女性)

ママさんバレーの練習で疲れるので飲んでみると、スタミナ不足で疲れることが無くなりました。
自分でもビックリするほど効果がありましたよ!

疲れても翌朝には楽に(50代前半女性)

介護の仕事をしていますが、以前は仕事が終わるとクタクタで、休日もぐったりして家で過ごすことが多かったのです。
でも、イミダペプチドを利用するようになってからはクタクタが翌日に残りにくくなり、休日には外出や趣味を楽しめるようになりました。

 

イミダペプチドの効果をしっかり実感するには・・・

「イミダペプチドを飲んでも効果なし」という方の口コミを読んでみても感じたことですが、イミダペプチドの効果を実感するにはいくつかポイントがあるのです。

メーカーの推奨摂取量(200~400mg/日)を摂ること

研究の結果、必要なイミダペプチド摂取量は1日につき200mgと分かっているのですが、飲んだり飲まなかったり、飲む量が少なかったりでは、体内のイミダペプチド濃度がなかなか高まらず、実感しにくくなってしまいます。

「イミダペプチド含有チキンエキス」配合のサプリなら摂取量に気をつける

イミダペプチドを含むサプリは多数発売されていますが、よく見ると、「イミダペプチド○○mg含有」ではなく、「イミダペプチド含有チキンエキス○○mg含有」という商品もあります。

エキス状ですとイミダペプチドが10~15%しか含まれていませんので、例えば、「チキンエキス400mg含有」というサプリだと、イミダペプチドはその10%強の50mgほどしか摂取できないことになります。
これでは1日当たりの必要量(200mg)に至らないので、実感しにくいのも当然ですよね。

最低でも2週間は継続して摂ること

メーカーのアンケートによると、飲み始めて2週間以内に実感した方の割合は64%とのこと。
ヘトヘトな人ほど、実感まで長くかかるのかもしれません。毎日少しずつ体内にイミダペプチドを蓄積していくのが肝心ですので、最低でも2週間、できれば1か月位続けてみましょう。

そもそも若い(だいたい35歳以下)と効果を実感しにくい

私たちはもともと、イミダペプチドを体内にもち、体内で生成しているのですが、加齢とともに生成能力が衰えていきます。

70歳になると、30歳時に比べて体内のイミダペプチド濃度が約1/3まで減少しているとのこと。
したがって、30代の方ですとイミダペプチド体内濃度がまだ高いこともあり、実感しにくいことがあるようです。

逆に言えば、40代以上の方が、2週間欠かさずイミダペプチドを200mg/日摂取すれば、ほとんどの方がヘトヘト改善を実感できると言えるのかもしれません。

実際に46歳の私も飲んでいますが、10日目くらいから何となく体が軽くなったような感じと、夕方になるといつもならグッタリする時間帯なのに、まだ体力が残っているような感覚を味わっています。

 

日本予防医薬のイミダペプチドをお得に買う方法

日本予防医薬のイミダペプチドは通販限定商品のため、ドラッグストアなどの店頭では販売されていません。
その代わり、メーカーでは初めての方限定で10日分が980円でお得に試せるキャンペーンを行っています。

このキャンペーンを利用するのが一番お得!

もちろん、お試しキャンペーンを利用したからといって、定期購入を強制されることはないので、まずは実感できるか気軽にじっくり確かめることができますね。

日本予防医薬のイミダペプチドにはサプリタイプとドリンクタイプが用意されています。

サプリは味を気にせず、サッと飲めて携帯に便利。
ドリンクはリンゴ風味で、サプリよりも体内吸収が早いのが特徴です。

どちらも10日分980円キャンペーンをしていますので、用途に合わせて選べますよ。

 

イミダペプチドの効果 検証結果は?

テレビや雑誌などで話題となっている、ヘトヘト解消成分【イミダペプチド】。

ヒトでの臨床試験でも疲労回復や疲労感軽減などの結果が証明されていますし、長期摂取・過剰摂取をしても安全性に問題ないことが確認されていました。

私自身も40代を迎え、毎日ダルさを感じ、寝ても疲れが抜けなくなって困っていましたが、毎日飲んでいた栄養ドリンクからイミダペプチドサプリに切り替えられて良かったと思っています。

イミダペプチドの効果について(私なりの)結論!

イミダペプチドは疲労回復に効果あり!(特に35歳以上の方は)

ダルさ、疲労感が抜ければ・・・

  • 家事や仕事に集中して取り組める。
  • 何事にもやる気や興味が出てくる。
  • 「はぁ、疲れた~」の口癖がなくなる。
  • 休みの日に家で1日中ゴロゴロしないで済む。
  • 疲れてやってなかった趣味にも没頭できる。

平日も休日も毎日元気に過ごせるようになるなら、結構嬉しい話じゃないですか?

日本予防医薬のイミダペプチドなら980円で試せるので、どんな変化があるのか?まずは気軽に試してみてはいかがですか?

サプリ980円キャンペーンサイトはこちら

ドリンク980円キャンペーンサイトはこちら

Copyright© イミダペプチドLABO. , 2018 All Rights Reserved.