MENU

疲労回復には睡眠が大切

 

睡眠は疲労回復の唯一のチャンスです。

 

昼の活動中に疲労を軽減する工夫は出来ますが、いったん生じてしまった疲労を回復させるのはやはり睡眠しかありません。

 

日中に激しく活動しても良質な睡眠がとれていれば細胞の酸化損傷を回復させるのに十分な疲労回復因子が分泌されるため、脳の疲労は回復します。

 

逆に睡眠時間を削って働いていると、酸化損傷を完全にリカバーするだけの疲労回復因子が分泌されず、脳疲労が回復しにくくなるといえます。

 

本来なら忙しい人ほど睡眠をたくさん取る必要がありますが、忙しいと多くの人は睡眠時間を削って時間を捻出しようとします。
こうして睡眠不足が慢性化すると疲労回復が困難になってきます。

 

その日の疲れはその日の睡眠で少しでも解消し、蓄積しないことが理想です。

 

イミダペプチドは睡眠障害の改善にも期待

自律神経をいたわるイミダペプチド成分は、睡眠の質を向上させる効果も期待されています。

 

不眠になる原因の一つに、疲労からくる「自律神経の乱れ」がありますが、イミダペプチド成分が自律神経を直接ケアすることでその乱れをやわらげ、よく眠れるように導きます。

 

50歳を過ぎると筋力の前に自律神経が衰えてきます。眠りが浅かったり、深夜に起きてしまう場合は寝る前や夕方から夜にかけてイミダペプチド成分を摂取することが推奨されています。

 

 

TOPページに戻る