MENU

イミダペプチドは、どのように抗疲労作用を発揮するのでしょうか?

 

そもそも、疲労を引き起こす原因となるのは、運動などで体内に発生した活性酸素により、細胞や脳などに酸化ストレスがかかるためです。

 

イミダペプチドには、この酸化ストレスを軽減する「抗酸化作用」があり、そのことが疲労を軽減する効果をもたらすのです。

 

抗酸化作用を持つものは、イミダペプチド以外にも「ポリフェノール」や「ビタミンエース」などがあるのですが、いずれも抗酸化作用の持続力が弱いことが分かっています。

 

その点、イミダペプチドは、摂取した分が効率よく、持続的に活性酸素に対抗し続けるので、抗疲労効果が大きいといえます。

 

 

本当に疲労が軽減されているのか、専門機関で実験検証した結果、作業効率の低下が抑えられたり、本人の感じる疲労感に明らかな軽減が見られたりしました。

 

イミダペプチドは、疲労感という感覚的なものが軽減するだけでなく、疲労そのものも軽減することができる、素晴らしい成分だということがわかります。

 

 

>>TOPページに戻る