MENU

ヘトヘトに効くイミダペプチドですが、1日のうち、いつ頃飲むのが効果的なのでしょうか?

 

日本予防医薬
【イミダペプチド】ソフトカプセル

日本予防医薬
【イミダペプチド】ドリンク

 

イミダペプチドは脂溶性ではなく水溶性なので、体内に吸収されやすい性質があります。したがって、特に制限なく、いつでも飲むことができます。

 

特に、疲労が生じる作業をする前の30〜60分前に摂取すると効果が高まります。

 

また、1日当たりの推奨摂取量は200mgですが、1日400mgを朝晩に分けて摂取するとより効果的です。

 

イミダペプチドの働きは筋肉や脳の機能が低下するのを防ぐものです。筋肉を増強するわけではありませんので、スポーツ選手が気にするドーピングには当たりません。スポーツ前でも安心して摂取できます。

 

 

TOPページに戻る