イミダペプチド 疲労回復

 

人間は筋肉でなく「脳」が疲れる

人間は他の動物と違い脳と神経が特に発達しています。それ故より多くのものを知覚し、思考し、覚えることができ、長時間にわたって集中することが可能です。

 

一方で神経が発達しているが故に、私たちは気温など環境の変化には過敏に反応します。動物と違って真冬に裸で外に出られないのも、外界の刺激に敏感な為です。

 

様々な環境で生きていくため、脳の中にある自律神経中枢は24時間体制で全身を管理します。暑い場所で汗をかいたり、走ったときに鼓動が早くなったり、物を食べると胃の動きが活発になるのは全てこの自律神経による働きなのです。

 

驚くべきは、それほど高度な機能を持つ自律神経の中枢が「小指の先ほど」の大きさしかないことです。数kg、数十kgもある筋肉に比べて負担が非常に大きく、特に疲労します。

 

 

自律神経の疲労を直接ケアするイミダペプチド成分

疲労は体内で発生した活性酸素が細胞を傷つけることで起こります。そして細胞が傷つくと脳へサインが送られます。それが「疲れたな」「だるいな」という自覚、つまり「疲労」になるのです。イミダペプチド成分はその活性酸素を素早く除去できる為、効果的に疲労回復に繋がります。
イミダペプチド成分は体内に入ると2つのアミノ酸に分解され、「イミダペプチド合成酵素」が存在する場所で再合成されます。渡り鳥では翼の付け根に合成酵素が多く存在しますが、人間は自律神経中枢がある「脳」に合成酵素が豊富に存在しています。
この為、最も疲労する自律神経中枢のまさにその場でイミダペプチド成分が再合成され、直接ケアできるのです。

 

 

睡眠障害の改善にも期待されています

自律神経をいたわるイミダペプチド成分は、睡眠の質を向上させる効果も期待されています。不眠になる原因の一つに疲労からくる「自律神経の乱れ」がありますが、イミダペプチド成分が自律神経を直接ケアすることでその乱れをやわらげ、よく眠れるように導きます。
50歳を過ぎると筋力の前に自律神経が衰えてきます。眠りが浅かったり、深夜に起きてしまう場合は寝る前や夕方から夜にかけてイミダペプチド成分を摂取することが推奨されています。

 

>>TOPページに戻る