イミダペプチド 効果 食品

 

『イミダペプチド』は、便利なサプリやドリンクとして販売されていますが、普段の食事でも摂取できるといいですよね。
そこで、イミダペプチドが豊富に含まれている食品をご紹介します。

 

 

鶏のムネ肉が100gあたり200mgと多く、その他に魚類(マグロ、イワシ、ブリ、サンマなど)にも含まれています。牛肉や豚肉にも含まれますが、鶏や魚類に比べると量が少なくなっています。

 

イミダペプチドの1日の摂取推奨量は200〜400rとされていますが、『イミダペプチド』のパワーをしっかり受け取るには、毎日継続して摂取することがポイントです。

 

鶏のムネ肉は、最近はコンビニでもサラダチキンなどという商品名で200円くらいで販売されていて、そのまま食べられるので結構人気が出ているみたいです。

 

調理が億劫でない人は、イミダペプチドは熱に強く、安定的な成分なので、鶏のムネ肉を蒸しても茹でても焼いてもOKですから、ご自身のお好みのレシピで召し上がってください。

 

また、イミダペプチドは水溶性のため蒸したり茹でたりすると成分が流出するおそれがありますので気を付けてください。熱には強いので、30分ほど煮込んで、スープにして食べると成分がスープに溶け込むので摂取効率が高いといわれます。

 

従って、『イミダペプチド』が含まれたサプリメントや栄養ドリンクを併用すると、効率良く摂取していけると思います。

 

 

TOPページに戻る