MENU

疲労には2種類ある

私たちが感じる疲労には2種類あります。

 

ひとつは肉体的な疲労
激しいスポーツや、一日中歩きまわった後などで、体がグッタリするものです。

 

もうひとつは精神的な疲労
頭を使う仕事をしたり、強いストレスや緊張することがあった後などに、脳だけが疲れているような感覚のものです。

 

2種類の疲労。原因は別々ですが、実は身体の中では同じ物質が原因で私たちは「疲労」を感じているんです。

 

それは活性酸素の働きによるもの。

 

運動や頭脳労働などで体内に大量発生した活性酸素が周りの細胞を傷つけて(酸化ストレスと言います)、細胞本来の機能を維持できなくなることで疲労が起こります。

 

実は、この酸化ストレスが最も激しく起こるのが脳なのです。

 

長時間ジョギングをすると「体が疲れた」と感じますよね。しかし、ある実験では、4時間体に負荷を与える運動を続けても、筋肉や肝機能にほとんど影響しないことが分かりました。

 

ではなぜ「疲れた」と感じるのでしょうか?

 

運動により、心拍数、呼吸が速くなり、発汗します。それを秒単位で制御しているのが脳にある自律神経の中枢(視床下部など)です。
運動を続けると、この自律神経での処理が増加し、脳内で活性酸素が大量発生、酸化ストレスにさらされて、脳が疲労してしまいます。
脳疲労状態になると、ヒトは体が疲れたというシグナルを眼窩前頭野に出し、疲労感を自覚するようにできています。

 

したがって、疲労が起こる場所は、筋肉ではなく、主に脳なのです。

 

人間は筋肉でなく「脳」が疲れる

 

人間は他の動物と違い脳と神経が特に発達しています。それ故より多くのものを知覚し、思考し、覚えることができ、長時間にわたって集中することが可能です。

 

一方で神経が発達しているが故に、私たちは気温など環境の変化には過敏に反応します。動物と違って真冬に裸で外に出られないのも、外界の刺激に敏感な為です。

 

様々な環境で生きていくため、脳の中にある自律神経中枢は24時間体制で全身を管理します。暑い場所で汗をかいたり、走ったときに鼓動が早くなったり、物を食べると胃の動きが活発になるのは全てこの自律神経による働きなのです。

 

驚くべきは、それほど高度な機能を持つ自律神経の中枢が「小指の先ほど」の大きさしかないことです。

 

数kg、数十kgもある筋肉に比べて自律神経中枢は負担が非常に大きく、特に疲労します。

 

自律神経の疲労を直接ケアするイミダペプチド成分

疲労は体内で発生した活性酸素が細胞を傷つけることで起こります。そして細胞が傷つくと脳へサインが送られます。

 

それが「疲れたな」「だるいな」という自覚、つまり「疲労」になるのです。

 

イミダペプチド成分はその活性酸素を素早く除去できる為、効果的に疲労回復に繋がります。

 

イミダペプチド成分は体内に入ると2つのアミノ酸に分解され、「イミダペプチド合成酵素」が存在する場所で再合成され、活性酸素を取り除いていきます。

 

渡り鳥では翼の付け根に合成酵素が多く存在しますが、人間は自律神経中枢がある「脳」に合成酵素が豊富に存在しています。

 

この為、最も疲労する自律神経中枢のまさにその場でイミダペプチド成分が再合成され、疲労をピンポイントで直接ケアできるのです。

 

 

TOPページに戻る